幼児教育・幼児教材・知育玩具

ー人気の幼児教材・知育玩具の特長についてー

それぞれの効果・使い方・サポートなどについて知っておこう!

サポート体制について知っておこう!

 高価な幼児教材セットは、内容は充実していても、うまく使いこなせるかどうか、本当に期待するような成果が得られるのかが一番心配なことでしょう。その不安を解決できるかどうかは、各企業のサポート体制によります。サポート体制に最も信頼のおけるのは「ヴィッテ式家庭保育園」といえるでしょう。教材の使い方のほかにも、育児やしつけ・親子の接し方・母乳や離乳食・などについても、電話やWebなどで親身に相談にのってもらえます。
 DWEディズニー英語については、2歳までのお子様には、使い方や取り組み方の電話相談がありますが、そのほかの年齢は、購入時の担当者しだいみたいなところもあるようです。(相談窓口を購入時の担当者が継続して行なってくれるようであれば心配はないでしょう)。DWEディズニー英語が一番力を注いでいるサポートは、乳幼児がすぐにボロボロにしてしまう教材を会員の期間中は何度でも新しいものと交換してくれることです。だから、乳幼児でも好きなだけ手に取って遊ばせることができます。そのほか、覚えた英語を身近にするためのテレフォンイングリッシュやイベントなども頻繁に行なっています。
 七田式家庭学習システム「はっぴぃタイム」や「こどもチャレンジ」など、入会時の冊子や毎月送られてくる冊子などにも「今月のポイント」などが掲載されており、紙面にて子育ての最新情報や使い方のヒントやコツなどをサポートするシステムもあります。月齢に合わせたタイムリーな育児情報として、とても価値のあるヒントになります。教材の範囲内の使用方法に対する疑問などには、電話相談やWebで似たような例はないか、FAQから探すことができることも多いです。
 また、バイリンガルを目指す場合は、覚えた英語を使える場所がどうしても必要となります。電話やインターネットで英会話の機会を得られるのが特徴としていることもありますが、その場合、曜日や時間帯を指定されることがあります。その指定日が、自分たちの都合にあった振替がきくものなのか、企業側のシステムに合わせないといけないものなのか、大事なポイントになります。
(※各教材のサポートシステムについて詳しくは、まずは、「無料サンプル・資料請求」から!)

知育玩具は【知育=遊び!】親子で楽しくスキンシップをはかりながらの感覚で!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ  早期教育は、こどもの人権を無視した情報の詰め込み作業では、知的効果も得られず、EQ(心の指数)を育むことはできません。だからどの幼児教材や幼児教室も「楽しみながら!」という感覚を最も重要にしているのです。脳は、楽しい時に一番「脳が活性」されます。もし、お母さんが怖い表情や面倒くさそうに働きかけたり、お子様をイヤイヤ取り組ませれば、逆効果になることもあります。
 幼児教材や知育玩具には、一つ一つ効果・狙いや使い方のポイントがあります。その本質を十分に理解し、お子様の性格にぴったりあったものを日常の玩具をとして買ってあげれば、それだけでも、玩具一つの効果が十分に得られることでしょう。何も、高価な教材をセットで買わなくても、「どのように使えばよいのか」「親は何を注意しなければいけないのか」をよく知ったうえで、最初の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。
(※詳しくは、当サイト内「おすすめの幼児教材・知育玩具」「早期教育の取り組み方」でもご紹介しています。)

PR