幼児教育・幼児教材・知育玩具

~天才児に育てるための優良な幼児教材・知育玩具とは?~

せっかくの優良な幼児教材、使い方を間違えていませんか?

■天才児は、遺伝?天才児を育てたいなら、胎教や0歳からスタートを!

 学力(=IQ)・運動能力・EQ(=心)の高い天才児は、先天的なものだけでなく、後天的環境の中で、高い能力を育てるこことができます。その能力を一番多く引き出し、育てることができるのは、ご両親です。特に、最もそばにいる時間が長い母親しだいで「我が子の未来が変わる!」としたら‥。


【賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育て】 カヨ子ばあちゃん73の言葉

■でも、幼児教材は値段が高いんでしょう?

 何十万円もする高価な幼児教材は、プロが考えたプログラムと取り組みに必要な優れた教材、情報などがまとめて入手でき、しかもアフターフォローとして相談できる会社も多いので、安心して即スタートできます。
 しかし、赤ちゃんグッズやおもちゃを選ぶコツ・効果的な使い方などを知っていると、低コストで、しかも赤ちゃんの脳力を育みながら、取り組むこともできます。
 0歳からの早期教育と言っても、モンテッソーリ教育の生活訓練の考え方やニキーチン積み木の遊び方などとも共通した面が多々あります。教材よりも取り組み方のほうが重要です。



ニキーチンの知育遊び

■幼児期に英才教育って可哀想?

 「天才児教育」は、英才教育とは異なります。
 『赤ちゃんは学びたがっている』という説を、アメリカの『グレン・ドーマン博士』は、著書の中で主張しています。ドーマン博士は、人間能力開発研究所の創立者で、脳障害児に関する活動・健常者の天才域まで知能指数・運動能力を上げた功績を持ちます。
 また、モンテッソーリ教育の生みの母ともいえる「マリア・モンテッソーリ女史」は、幼児期の知的障害児に教育を試みた時、子ども達は目を輝かせ、イキイキとした表情になり、自分の生まれてきた世の中をもっと知りたいという欲求は「本能」であり、それが満たされることによって生命を輝やかすのです‥と、考えるようになりました。そして、モンテッソーリ女史から教育を受けた子ども達は、小学校入学時に健常児よりはるかに高い学力を身に付けていて、人々を驚かせたそうです。その教育理論が現在も受け継がれ「モンテッソーリ教育」を行なう幼稚園が日本中にあふれています。

※グレンドーマン博士
※モンテッソーリ教育

■早期教育のプログラムと同じような教育は、日本中の幼稚園などでも取り組まれています。

 学力の基礎である「読み・書き・計算」を繰り返し学習するヨコミネ式、平仮名よりも漢字教育に力を入れている石井式をはじめ、言語・数量・運動・創造力・造形・英語・ちえなどを毎日の日課にしている幼稚園は日本全国至るところにあります。
 知育面での習い事も「七田式」「くもんの教室」「DWEディズニー英語」をはじめ、0歳からはじめる知育教室・通信教育が数多くあります。
 そのような取り組みをご家庭で、脳力を育むのに最適な時期に、親子のふれあい・コミュニケーションの道具として行なっていくものです。

「ディズニーの英語システム」


PR